PDF閲覧・編集・印刷を無料でおこなえる「PDF-XChange Viewer」

PDF-XChange Viewer

ビジネスマンとなったからには作成した書類をPDF形式で提出しなければならないことも多いのではないでしょうか。その際、誰もが簡単に、そして同じ設定で PDF を作成できることが重要なポイントとなります。そこで今回紹介するのが「PDFXChange Viewer」。PDF-XChange Viewerは文字入力やスタンプなど編集機能が充実したPDF閲覧・編集・印刷ソフトです。PDF形式に変換した後でもコメントの挿入やレイヤー編集なども可能な非常に便利なPDFビューアです。

使い方はとっても簡単。テキストファイルを読み込んでボタンひとつでPDF形式に変換することができます。
複数のPDF文書をタブで切り替え表示でき、開いているすべてのタブをサムネイル表示することも可能です。
最も簡単なテキストファイルからPDFファイルへの変換を行ってみましょう。

PDF変換する前にテキストファイルの最終確認、訂正も行えます。間違いがあってもテキストファイルをちょこちょこっといじって書き換えることもできるので一安心ですね。
これでテキストファイル→PDFファイルへの変換が終了。
あっという間にPDF形式のファイルが作成できました。
このソフトの真骨頂はここからです。
誰でも簡単にPDF形式のファイルの編集ができます。
機能も盛りだくさん。
ツール→基本ツールにはスナップショットや選択、ハンドツールなどの一般的な機能があります。
注目して欲しいのはコメントとマークアップツール。
スタンプやコメントの種類が豊富なだけでなく、矢印や図形、折れ線ツールなども標準装備です。
さまざまな機能を使ってみた結果がこちら。
コメントやスタンプだけでなく、マウスで手書きすることもできます。
レイヤー編集によりもともとのPDF形式を保ったまま、上に編集することも可能です。
PDF文書内の選択ページや文書全体を画像としてエクスポートする機能もあります。その際、対応する画像形式はBMP/JPEG/GIF/PNG/TIFFなど。

ただし、すべての機能を使うにはPDF-XChange Viewer PROをインストール必要があります。
FREEヴァージョンでもPROの機能を使うことはできますが、ファイルに保存すると「DEMO!」ラベルが表示されてしまいます。
ですがFREEヴァージョンでも多くの機能がついていることは確か。
PDF-XChange Viewerを使って上司をあっと言わせるような書類を作成してみてはいかがでしょうか。

無料版での主な仕様

  • マークアップツール
    • ページの90度毎回転
    • 付箋、タイプライタ、テキストボックスなど各種の書き込み機能
    • 矢印、多角形、雲形などの図形挿入
    • 元pdf文章の強調、打消し線、下線追加
    • フリーハンドライン
  • ドキュメント内の直線、折れ線、面積の測定
  • リンク領域の追加

有料版での主な仕様

  • ページの追加、削除
  • ページのトリミング
  • ファイル添付
PDF閲覧・編集・印刷を無料でおこなえる「PDF-XChange Viewer」
ダウンロード:PDF-XChange Viewer
対応OS: Windows 7/Vista/XP/2000, Windows Server 2003

Reaction on Twitter

  1. @elmanonline より:

    PDF閲覧・編集・印刷を無料でおこなえる「PDF-XChange Viewer」 http://t.co/GV1WnsUA