CentOSサーバー起動時に”Repair filesystem”になったときの対処法

サーバー起動時に”Give root passwrd for maintenance (or type Control-D to continue): ” のエラーが生じたときの対処方法。

環境

CentOS5

対処方法

今のところ、2つの事例が見つかっているので、それぞれの対処法を記します。

1. fsck.ext3: No such file or directory

次のようなエラー文が出たときの対処のしかたです。

fsck.ext3: No such file or directory which trying to open /dev/VolGroup00/LogVol00

An error occurred during the file system check.
Dropping you to a shell; the system will reboot
when you leave the shell.
Give root passwrd for maintenance
(or type Control-D to continue):

fstab の記述ミスが原因で発生するエラーです。fstabを正常に書き直して再起動する必要があります。

・ファイルシステムの利用状況を確認します。

(Repair filesystem) 1 # df -h
Filesystem          サイズ  使用  残り 使用% マウント位置
/dev/mapper/VolGroup00-LogVol00
                      8G  4G  4G  50% /
/dev/hda1              99M   13M   82M  14% /boot
tmpfs                 3.6G     0  3.6G   0% /dev/shm
/dev/hdb              100G  70G   30G  70% /home

・fstab の内容と照らし合わせます。

(Repair filesystem) 2 # vi /etc/fstab
/dev/VolGroup00/LogVol00 /                       ext3    defaults        1 1
LABEL=/boot             /boot                   ext3    defaults        1 2
tmpfs                   /dev/shm                tmpfs   defaults        0 0
devpts                  /dev/pts                devpts  gid=5,mode=620  0 0
sysfs                   /sys                    sysfs   defaults        0 0
proc                    /proc                   proc    defaults        0 0
/dev/VolGroup00/LogVol01 swap                    swap    defaults        0 0
/dev/sdb /home ext3 defaults 1 1     ←/dev/sdb なんてデバイスはない。

・fstabを編集すれば良いのですが、読み込み専用でマウントされているので書き込めません。

"/etc/fstab" Can't open file for writing
Press ENTER or type command to continue

・”/” 以下を読み書きできるように再マウントします。

(Repair filesystem) 3 # mount -o remount ,rw /

・fstab を編集します。

(Repair filesystem) 4 # vi /etc/fstab
/dev/VolGroup00/LogVol00 /                       ext3    defaults        1 1
LABEL=/boot             /boot                   ext3    defaults        1 2
tmpfs                   /dev/shm                tmpfs   defaults        0 0
devpts                  /dev/pts                devpts  gid=5,mode=620  0 0
sysfs                   /sys                    sysfs   defaults        0 0
proc                    /proc                   proc    defaults        0 0
/dev/VolGroup00/LogVol01 swap                    swap    defaults        0 0
#/dev/sdb /home ext3 defaults 1 1     ←コメントアウトする
/dev/hdb /home ext3 defaults 1 1      ←追加する

・サーバーを再起動します。

(Repair filesystem) 5 # reboot

2. UNEXPECTED INCONSISTENCY; RUN fsck MANUALLY

次のようなエラー文が出たときの対処のしかたです。

UNEXPECTED INCONSISTENCY; RUN fsck MANUALLY.
(i.e., without -a or -p options)

An error occurred during the file system check.
Dropping you to a shell; the system will reboot
when you leave the shell.
Give root passwrd for maintenance
(or type Control-D to continue):

・壊れるのを覚悟でfsckを手動で行ないます。

Repair filesystem) 1 # fsck -y

・サーバーを再起動します。

Repair filesystem) 2 # reboot

なお、fsckを実行しようにも、fsckが無くなっているときは、以下のようにします。

・/ 以下を読み書き可能状態で再マウントします。

(Repair filesystem)# mount -o remount,rw /

・ネットワークを再起動します。

(Repair filesystem)# /sbin/service network start

・fsckをインストールします。

(Repair filesystem)# yum reinstall -y e2fsprogs

・fsck のパスが通っている事を確認します。

(Repair filesystem)# which fsck
/sbin/fsck

参考 http://d.hatena.ne.jp/koshigoeb/20101012/1286891271

Reaction on Twitter

  1. @sabu_202 より:

    CentOSサーバー起動時に”Repair filesystem”になったときの対処法 http://t.co/GDc8Mb4GOc

著者: admin

I am just an administrator.
»