スキャンした画像をそのままPDF化する「FJScan」

1163-1

「FJScan」はスキャナーやPCカメラをお持ちの方にとって特に役立つPDFファイル生成ソフトです。ソフトを立ち上げたらすぐにスキャンを行い、カテゴリ付けなど少々の入力をするだけで、スキャンした画像がPDFファイルに早変わりです。

まずソフトを起動してみましょう。画像の取り込みをすぐに行えるように、「Fast Links」というショートカットアイコンが付いています。画像を取り込んでPDF化する作業を早速始めたいなら「Scan Document」を選びます。ちなみに、「Add Category」は保存したPDFファイルを検索しやすいように付けておくカテゴリの追加、「Search Document」はそれらPDFファイルを実際に検索して閲覧するためのコマンドです。

「Scan Document」を選ぶと、画像をPDF化するための操作画面に移ります。ここで、画面左上にあるスキャナーのアイコンを押すと、PCカメラなどのデバイスを使う画面に替わります。その隣にあるファイルのアイコンを押すと、画像の参照をして取り込むためのウィンドウが開きます。画像を取り込んだら画面右側にプレビューが表示されますので、それを確認した上で「Category(カテゴリ)」の選択と「Description(説明書き)」の入力をします。後はフロッピーのアイコンを押せば、PDFファイルが生成されて操作完了です。

このソフトの持ち味は、外部デバイスから画像を取り込んですぐにPDF化できる点です。「FJScan」を起動中にPCカメラでキャプチャーした画像を用いて、そのままPDFファイルにしてしまえるわけです。

ホーム画面上方にある虫眼鏡のアイコンを押すと、保存済みのPDFファイルを検索できます。このソフトでPDFファイルを生成すると基本的にはtempフォルダに保存されるのですが、ファイルを別の場所へ写した場合でもカテゴリ分けされていれば検索できます。検索結果から「PDF」欄の「view pdf」をクリックすると、そのファイルをビューワーで見れます。

ビューワーはこのソフト付属のもので、文字入りのPDFファイルの場合は文字検索もできるようです。画面下部にある黄色い上向き矢印のアイコンからは、閲覧中のPDFファイルを別のフォーマットにエクスポートする機能が使えますし、緑色の下向き矢印のアイコンからは画像ファイルをインポートする機能を用いることが可能です。

カテゴリとファイル情報は任意で編集できます。ホーム画面にある工具アイコンを押すと、この「Manage」画面が開きます。「Categories」ではカテゴリの追加・編集・削除を行い、「Documents」ではファイルの追加・削除と名称変更を行います。

使用感としてはPCカメラを開いた時に幾分重くなる印象がありましたが、スキャン→ファイル出力をスムーズに行える長所から、PDF生成ソフトの選択肢のひとつとなるでしょう。

スキャンした画像をそのままPDF化する「FJScan」
ダウンロード:FJScan
対応OS: Windows 7/XP, Windows Server 2008/2003
著者: oshio

文系の現役学生です。ソフトウェアにしろ他のことにしろ、面白そうものに好んで食いつきます。
»