キャプチャーを取ってすぐに編集できるソフト「PicPick」

キャプチャーを取るときにPrintScreenをしてから、ペイントを起動して貼りつけて……という作業が面倒で便利なキャプチャーソフトをダウンロードしている人は多いのではないでしょうか?

この「Picpick」では、キャプチャーを取るだけでなく、取ったキャプチャーの編集も簡単です。

「PicPick」をダウンロードしたら、スタートキーから「PicPick」を起動させてみてください。

すると、プログラムオプションが表示されます。この画面から様々な設定が行えます。

最初に表示される「PicPick情報」ではオームユーザ登録や言語の設定、ショートカットを作成するか、などの設定が行えます。

では、上から順に説明していきます。

「キャプチャー」では、キャプチャーを取る際の設定が行なえ、その「出力方法」で「PicPick エディタ」を指定しておくと、キャプチャーをした瞬間にエディタが開いて便利です。

取ったキャプチャーをtwitterなどのSNSにアップロードすることもできます。

「ファイル名」では、取ったキャプチャーを保存する際の名前や拡張子の設定が行えます。

「自動保存」では、キャプチャーを取った瞬間に指定したフォルダに保存してくれる「画像の自動保存」機能の設定やキャプチャーを取った瞬間に立ち上げたいプログラム(例えばペイントなど)を指定できます。

「エディタ」では、PicPickエディタの設定が行えます。

「イメージ」ではjpeg形式で保存するときの品質を設定できます。

「FTP」ではキャプチャーを取った瞬間に指定したサーバーにその画像を送るという設定が行えます。

最後に「ホットキー」ではキャプチャーを取るときのショートカットキーの設定が行えます。

「PicPick」を立ち上げると、タスクバーの右端にアイコンが表示されます。アイコンをクリックすれば、搭載されている様々な機能が使えます。

カラーピッカーやカラーパレットはWebページ作成を行う人にとっては便利な機能だと思います。

また、「ホワイトボード」を選択すると現在の画面にペンなどで編集を行った後、そのキャプチャーを保存できます。

キャプチャーツールでは様々な取り方が用意されており、フルスクリーンやアクティブスクリーンはもちろん、選択領域、固定領域、フリーハンドでキャプチャーを取ることができます。

選択領域指定でキャプチャーを取るときなどは、ポインター周辺の拡大図を表示してくれます。

そして、キャプチャーできるとデフォルト設定では「PicPickエディタ」が起動します。

見た目や機能はほぼペイントと同じです。

 

キャプチャーを取った後の挙動などについて設定が行える点やキャプチャー以外の機能も充実しているこのソフトはなかなか便利だと思います。

特に取ったキャプチャーをSNSにアップロードできるのは新しいと思いました。

まだ特定のキャプチャーソフトに決めきれていない人はぜひ一度使ってみてください。

取ったキャプチャーをすぐに描画画面で編集できるソフト「PicPick」
ダウンロード:PicPick
対応OS: Windows XP

Reactions on Twitter

  1. @actywav より:

    winならこれ重宝しそうw / “キャプチャーを取ってすぐに編集できるソフト「PicPick」” http://t.co/vJtGNdNq

  2. @webnosirabe より:

    winならこれ重宝しそうw / “キャプチャーを取ってすぐに編集できるソフト「PicPick」” http://t.co/vJtGNdNq

  3. @96ru より:

    キャプチャーを取ってすぐに編集できるソフト「PicPick」 http://t.co/GZCDvphY

  4. @attrip より:

    キャプチャーを取ってすぐに編集できるソフト「PicPick」 http://t.co/P3BzpuQy

  5. @ja9ma より:

    “キャプチャーを取ってすぐに編集できるソフト「PicPick」” http://t.co/vp9IJPug

  6. @imaginary_line より:

    なんか、便利そう。試す。 / “キャプチャーを取ってすぐに編集できるソフト「PicPick」” http://t.co/6apTCwSy

  7. @hashcc より:

    Windowsのキャプチャソフト、WinShotがディアルディスプレイに対応していなのでどうするべと思ってたけど、PicPickが(ちょっと重いけど)割と後継ソフトとして良い感じ http://t.co/edMbr2OF